タスマニア感香旅行 No.4
2016/01/31(Sun)
2016012910.jpg

心身の健康は、幸せな毎日の土台・・・

今回、タスマニアへの視察旅行に参加させて頂くにあたり、
あちらで、清らかな空気や水に触れ、自然に呼応し、
そして生きとし生きるもの全てのエネルギーを体内に満たして
帰国したいと想っておりました。
広大な大自然の奏でる繊細な音色に、五感を研ぎ澄まし
時空を超えたプライスレスなひと時は、
この地タスマニアならではの貴重な体験でした。

(写真は、世界遺産クレイドルマウンテン
旅行にご一緒させて頂いた方からお写真をお借り致しました)

201601297.jpg

オーストラリアのアボリジニ文化は、地球上で最も古い歴史を持つ
現存する文化であると言われ、少なくとも4万年以上前から、
存在したと言われています。
自然への深い敬愛、神聖な想いから、彼らは大地を覆う植物、
そしてそこに住む動物たちと、調和を保ちながら生きてきました。

自然回帰・・・
私たち現代人は、たくましく生き抜いてきた彼らから多くのことを
学ぶことができるのではないででしょうか。

例えば森の中に身を置くと、何故かほっと安らぐのは、
森の精気”フィトンチッド”に包まれるから。
気分が爽やかになったり、精神を安定させたり、
疲労の回復力を高め、自律神経を調整してくれ・・・
まさに森全体がセラピー効果をもたらしてくれるドクターで、
心身をトリートメントしたい時には、植物の力を上手に借りることで
自然が味方してくれますね。

2016011840.jpg

その森の中は、私達にとって有用な薬用植物の宝庫ですが
こちらは、マヌカハニーで有名なマヌカの花です。
皆様の中にもマヌカハニーを日々取り入れ、
その抗菌力の高さを実感されている方も多いと思います。

今回、先住民族アボリジニ達が、神秘の癒しとして
日々取り入れてきた植物・薬草等に触れ
そのエネルギーを感じることが出来、感謝です・・・

2016011825.jpg

こちらは、タスマニア原生のタスマニアンネイティブペッパー。
独特の刺激性のある化合物ポリゴジアール成分を配合し、
この成分を持つ植物群は世界でも非常に稀であり、
この香りの抽出は珍しく、シナモンのような芳香を放ちます。
実を噛んだ時には、山椒のような香りもして強い刺激がありました。
こちらのペッパーの実も、購入してきましたので、
またレッスンの際には、精油と共にご紹介させて頂きますね。

201601213.jpg

タスマニアンネイティブペッパーの前に写っている
小枝は、リコリス(甘草)です。
甘い草を称されるだけあり、ショ糖の50倍あると言われています。

リコリスは、古くから伝統医学で利用されてきたハーブであり、
特に漢方の処方においては頻繁に利用される生薬です
リコリスの歴史は人類が手にした薬草の中で最も古いとされ、
紀元前5世紀頃に編集されたヒポクラテスの全集に記載がある程で、
その後も世界中の薬典に記されています。
リコリスにはグルチルリチン成分が含まれ、抗炎症作用や
抗ウイルス作用、抗アレルギー作用があり、喉の痛みを和らげたり、
消化器機能を高める作用や痛みを止める作用などが知られています。

201601191.jpg

そのリコリスは、タスマニアにあるナチュオパシーの薬局を訪問し
そちらで購入してきました。

ナチュオパシーとは、初めて耳にされる方もおられると思いますが、
人が本来持っている自然治癒力を高め、
健康を維持し病気を治す伝統的な医学。
ハーブや精油、様々なオーガニックアイテムを扱ってられ、
植物の力を借り、その人自身の力を引きだすことで、
そこに住む人々の健康を守るという思想に基づいたもので、
私の理想とするファーマシーでした。
西洋医学と自然療法の両方の良い面を取り入れ、
皆が最善の治療を受けることが出来ると良いですね。

201601296.jpg

201601214.jpg

タスマニアでは、高麗ニンジンも育てられるそうで、
視察旅行の予定行程には含まれていなかったのですが、
思いがけず、そちらのファームもお連れ頂くとお聞きし、
ツアーでご一緒の皆様の中で、私だけテンションが上がり、
「生薬の中でも、高麗ニンジンは上薬に位置付けられるのですよ!」と
皆様に力説し、道中、喜びの余り大興奮でおりました(笑)
タスマニア産高麗ニンジンエキス入りの蜂蜜も購入しましたので、
また皆様ご一緒に試食してみましょうね。

201601222.jpg

2016011855.jpg

こちらは、ボロニアの花。

ボロニアは西オーストラリア南西部を原生とし、
その花は、非常に濃厚な香りで知られており、
天然香料の調香師の方々に高く評価されております。
栽培も、効率的な収穫も難しい植物であるために、
ジャスミン精油よりも高価だそうで
(1kgの精油がおよそ80万円相当)
アロマテラピーの世界では、残念ながら見ることがありません。
今回、大変光栄にも、個人の方には手に入らない、
ボロニアの精油もお分け頂くことが出来ました。
是非、こちらの香りも皆様に愉しんで頂きたいです。

2016011821.jpg

2016011842.jpg

2016011843.jpg

そしてこちらは、ラベンダーファームと共に
今回の感香旅行のハイライトの一つ
ペパーミントファームへ訪れた時の様子です。

201601298.jpg

広大な農園に足を踏み入れると、眩しい太陽の光の中、
風が吹き抜ける度、爽快な香りが身を包み、
何ともリフレッシュした気持ちで過ごせました。
タスマニアの緯度から得られる理想的な生育条件として、
燦々と降り注ぐ太陽光と涼しい夜、そして土地特有の病気が無い
ということが、最上級のペパーミントを生み出しているそうです

2016011844.jpg

ファームでは刈り取られたペパーミントは、直ぐに蒸留にはかけず、
その場で3日ほど置き、乾燥させるそうです。
その理由は、細胞内の水分量を減らすことにより、蒸留する際、
収穫直後のものより抽出率を高めるからだそうです。

2016011845.jpg

2016011819.jpg

2016011846.jpg

2016011820.jpg

2016011847.jpg

蒸留後の残渣は、コンポスト(堆肥)にされ、
またそれは他の植物の成長における滋養となり、
全てのものを余すことなく循環させ、エコロジカルです。

2016011850.jpg

201601311.jpg

ファームの方は、この世界最高品質のペパーミントを栽培するのに、
どれだけの試行錯誤を繰り返し、真摯に向き合われているか・・・
ご説明を頂く中で、その熱い想いに感動していたのですが、
何より最後の蒸留工程で、水蒸気を起こすための火を、
松の木をくべて熾してられることに、心を打たれました。
女性の方が、10分毎に丸太をくべられていたのですが、
効率化を追い求めるのではなく、香りの一滴を得るために、
ここまで人の手をかけてられるとは・・・
炎天下の過酷な状況下で取り組まれている方々の御姿に
これは、帰国後は大切に大切に精油を使わせて頂き、
そして自身、周りの方々が健やかに過ごすために
生かさせて頂こうと想いました。
自然のエネルギー、そしてそれを精油という形にする
人々の温かいエネルギーも含まれているように思います。

201505316.jpg

ブルガリアへのダマスクローズ感香旅行の時も
同じように思いましたが、
やはり精油の源である植物を実際にその地で触れ、
五感で感じ、精油になるまでのその全ての過程を
リアルな視点で見るというのは、
アロマテラピー(自然療法)で使用する精油に対する
見方、価値観も変わってくるように思います。
そして、尚その精油達にエネルギーを感じ、
その力を受け取ることが出来るように思います。
世界中、また日本にも星の数ほどの蒸留工場があり、
植物の命を精油に変えて、私達に届けて下さっていること、
そしてその恩恵に与れるこの環境に感謝です。
全ての国の方々が、手に取れるわけではないですものね。

これからも、植物の香りを感じる・・・という
私にとっての豊かなひと時を過ごさせて頂けたら幸せに思います。
そしてそれは、私だけではなく、
周りにいて下さる大切な方々と共有したいと想っております。

私のタスマニア視察旅行記・・・長々と綴らせて頂きましたが、
お付き合い下さった方々、ありがとうございます。
この中で、何か一つでも皆様にお役に立つことがあれば嬉しいです。

この美しい星、地球に感謝・・・

| タスマニア | ▲ top
タスマニア感香旅行 No.3
2016/01/24(Sun)
2016011835.jpg

「もしも無人島に行くことになれば・・・
私は、ラベンダーかティートリーの精油を持って行きます♪」

これは、いつもアロマレッスンの時にお話させて頂いていること。
アロマテラピー(芳香療法)を愉しむ時には、ご自身が心地良いと
思われる香りを取り入れることが、心と身体の両面において
ホリスティックな観点から良き方向に導かれると思うのですが、
数十種類ある精油の中から、どの精油を選ぶのが難しい時には、
ファーストチョイスとしてラベンダーかティートリーの精油を
先ずはお持ちになるのをお勧めしています。

2016011849.jpg

2016011823.jpg

何故なら両精油共に、万能薬的に様々なシーンで活用出来るからです。

ラベンダー精油は、抗菌力が高く、抗ウイルス作用もあり、
お部屋に漂わせると、室内のウイルスを除去し、私もこの時季
外出時には、マスクに垂らして出掛けています。
また今回の視察旅行でもラベンダー、ティートリー精油を携帯しましたが、
虫に刺された時、炎症を抑えるために使えますし、
また日焼けにも効果的で、タスマニアの強い日差しを浴びた肌に
鎮静作用を促すために、夜のお肌のお手入れに使用していました。

また皆様からの多くの嬉しいご報告の中にも、夜眠れない方が、
ラベンダーの香りで、ぐっすりと休めるようになったとありますが、
私も旅行中、朝まで目覚めることなく眠れ、それは普段より
体力を必要とする旅時間を過ごすにあたり、役に立ちました。

2016011830.jpg

そんな、健やかな毎日を送るために私の日々の生活でも
大活躍のラベンダー精油ですが、
ラベンダーの産地と言えば、南フランスやブルガリア、
また富良野のラベンダーを思い浮かべる方も多いと思います。

実は、今回の感香旅行の前、私は3日間断食しました(笑)
断食をすると、味覚・嗅覚が鋭くなり、私の経験上
より繊細な香りを堪能出来るように思うからです。
世界で一番綺麗な空気の中で、香りを感じきりたいと
何故、タスマニアのラベンダーに想いを馳せ
心ときめかせ逢いに行ったのか。
その理由は・・・

2016011828.jpg

香りの素晴らしさで世界的に高い評価を受けながら、
その生産量の少なさより入手の難しい希少なラベンダーオイルとして
知られているタスマニア島産のラベンダーオイル。

タスマニアのラベンダーの香りはヨーロッパ産ラベンダーと比較して
香りの初端に感じられるツンとしたシャープな部分が強くはなく、
とてもマイルドなのが特徴です。
そのため、その背後にあるフローラルな香りが引き出されています。
その理由は、タスマニアには害虫がおらず、
ラベンダー自身が自らの命を守るべく
昆虫忌避効果のある成分カンファーを含む必要がないからだそうです。
香りに刺激が少ない分、穏やかに嗅覚に働きかけてくれる香りは、
優しく心に届きリラクゼーションの面でも理想的な香りだと思います。

ラベンダーはペパーミントと同じように交雑種ができやすいため、
この土地で特有な種を選んで純正種を栽培し続け、
香り高いものに育て上げたということです。

2016011824.jpg

タスマニアのラベンダーの開花期は12月~1月にかけて。
丁度、私達が訪問した時には、収穫のピークで、
研究に研究を重ねて農家の方が丹精込めて育てられた
ラベンダーが刈り入れられていました。

201601212.jpg

何事においても生産者さんの想いを感じるものは、
より愛おしく思うもの・・・

2016011848.jpg

今回、こちらの農園で生産された高品質な精油は、
一般の方には手に渡らない入手困難なものなのですが、
日本からお願いしており、特別に私も分けて頂くことが出来ました。
蒸留工場にて頂戴する際、ボックスには名前を入れて
丁寧にラッピングして下さり、
そんな温かなお心遣いからも、精油への愛を感じます・・・

2016011834.jpg

2016011833.jpg

タスマニアでは、2社ラベンダー農園を視察させて頂いたのですが、
こちらの農園では、蒸留後の残渣を、有用資源にするべく
紙を作るのに利用されていました。
ペパーミント農園では、残渣を堆肥に利用されていましたが、
大自然を余すところなく循環させられ、
この美しい島が守られているのですね。

2016011832.jpg

201601242.jpg

2016011836.jpg

ラベンダーファームで感じたアロマのシャワー・・・

また宜しければ皆様にも感じて頂きますね。
私が摘んできたラベンダーのお花も、今なお爽やかな香りを
届けてくれています。
ラベンダー精油も、ワインと同じく時を経る毎に
熟成が進み、香りに深みが増すそうです。

一期一会の香りとの出逢いに、感謝。

| タスマニア | ▲ top
タスマニア感香旅行 No.2
2016/01/23(Sat)
201601236.jpg

2016011856.jpg

201601186.jpg

自然が自然のままに香るタスマニアの風。

花も植物も、爽やかな風に揺られ、輝いています。
この清らかな風が生まれ通ってきた海洋の道には、
人も動物も植物もおらず、大気そのままの風。

雨も穢れなき真水で、大地には澄み切ったピュアな水が降り注ぎ、
生きとし生けるもの全てを潤しています。

201601233.jpg

2016011812.jpg

201601232.jpg

その美しい地で、5億年前という悠久の時を超え、
今も成長をし続けるマラクーパ鍾乳洞を訪れました。

真夏のタスマニアですが、気温9度という冷気に迎えられ
鍾乳洞の中に入ると・・・一言で言い表せない
そこには荘厳な気高い気が満ち、「美しい」を超えた
畏怖の気持ちが溢れます。

鍾乳洞の中のライトを消すと、静寂の暗闇の中、
土ホタルの光が輝き・・・まるで天然のプラネタリウムのようでした。
土ホタルとは、オーストラリアとニュージーランドだけで見られ、
その命は1年を待ち孵化し、3日だけだそう。
普通なら、誰にも見られることもなかろう洞窟の奥深い地で
自らの命を輝ききらせる・・・感慨深いものがありました。

201601231.jpg

タスマニアでは、様々な薬用植物に出逢ってきましたが、
その中でも私が、その出逢いに拍手喝采したものの一つが
「サフラン」・・・

サフランというと、パエリアの色付けに使われる香辛料という
イメージを私も持っておりましたが、それはそれは素晴らしく
私達の健康増進に役立つ薬用植物でした。
サフランは、植物の中でも一番抗酸化作用を持つそうです。

サフランは1輪づつ手摘みされるのですが、
私達が訪れた農園の女性は、植え付けも全て手作業でされ、
手が変形されていたのですが、その笑顔は太陽のように輝き、
誇りに満ちたお顔をされていました。

サフランにはグレードがあり、本当に良い品質のもに出逢うのは
簡単ではないのですが、もちろんそちらのサフランは、クロシン、
サフラナール等の成分も豊富に含まれ、安心の世界最高品質です。

2016011852.jpg

サフランの持つ薬効は多種多様ですが、特に注目すべきは、
「脳の活性化・記憶力アップ」です。
また脳や自律神経のバランスを整え、ぐっすりと眠れるという
快眠効果があると研究結果で報告されているそうです。
古代からサフランは医薬として、胃腸薬、ペスト、天然痘、痛み止めなど、
幅広く使われてきたそうですが、近代の臨床試験では、
アルツハイマー、痴ほう症、うつ、老化防止にも効果がある
可能性が示されているということです。

今朝は、サフラン農家ご夫妻の温かい笑顔を想い浮かべ、
そのサフランティーにマヌカハニーを加えて頂いたのですが、
これからも家族共に、健やかに過ごさせて頂けたら幸せに思います。

2016011832.jpg

私の旅行記にお付き合い下さっている皆様、
いつもありがとうございます。

まだまだご紹介したい薬用植物がありますが、
次回のタスマニア感香旅行記では、
ラベンダーのお話などを綴らせて頂きますね。


| タスマニア | ▲ top
タスマニア感香旅行 No.1
2016/01/20(Wed)
201505317.jpg

「百聞は一香にしかず・・・」

昨年、念願のダマスクローズの故郷、ブルガリアを訪問し、
私の人生に置いてプライスレスな感動を得させて頂きました。
普段、私はアロマテラピー生活で小瓶の中の精油に触れ、
その恵みを享受させて頂いておりますが、やはりその植物が、
どのような環境で育ち、どのような方々の手を経て、
香りの一滴になるのか・・・
実際に目で見ることにより、より精油の息遣いを感じることが出来、
そしてその香りをより愛おしく身体に染み渡らせることが出来ました。

これからの人生・・・私は、“本物”の香りに出逢う
大海原への感香の旅を続けることが出来たなら幸甚に思います。
そしてそれを、私の大切な人達、周りの方々に届け、
一緒に自然の息吹を感じて頂けたらと願っております。

この度の、天然精油の聖地巡礼の旅 in Tasmania ・・・
私なりの視点から綴らせて頂きますね。

2016011816.jpg

タスマニア・・・と聞くと、多くの方はタスマニアデビル、
ワラビーやウォンバット等オーストラリア固有の有袋類が存在する
豊かな自然に囲まれた島をイメージされることと思います。
私もそのような一方向からのイメージを渡航前に抱いていたのですが、
一言では語りきれない魅力溢れる地でした。

2016011814.jpg

2016011817.jpg

こちらは、世界複合遺産であるタスマニア厳正地域の一角をなす
国立公園クレイドルマウンテンにて・・・

タスマニア島は、地球の同じ緯度上に温室効果ガスを排出する大陸や島がなく、
世界中で一番環境汚染が少なく、空気の美しい地域として知られています。
国連のWMO(世界気象機関)とオーストラリア連邦政府気象観測局の観測地点が
タスマニア島北西部グリム岬にあり、
ここを基準に世界各地の大気汚染の状況が計測されるそうです。

2016011815.jpg

2016011813.jpg

2016011840.jpg
 
手つかずの自然が広がる、世界一空気と水の綺麗な地にて・・・
私が出逢いたかった植物の一つが、「マヌカ」の花。

ニュージーランドのマヌカハニーで有名なマヌカですが、
実はタスマニア原産で、その昔ニュージーランドに植林されたそうです。
私達が訪れた時には、山々にはマヌカの花がこぼれんばかりに
咲き誇っており、原生林の中で、辺りはほんのりと甘い香りが漂っていました。
(養蜂家の方に、マヌカハニー、レザーウッドハニーについて
レクチャーを受けて来ましたので、その内容はまた追って綴らせて頂きますね。)

201601185.jpg

こちらは、タスマニア島のワイナリー「JOSEF CHROMY WINES」

タスマニア島に到着し、一番最初に訪れたのですが、
素晴らしく居心地の良い所で、
美しい借景を愛で、そして鳥のさえずりをBGMに、五感で癒され、
そして清らかな空気を身体いっぱに広げました。

201601201.jpg

そんな人生の楽園には・・・
愛する薔薇が待ってくれていたのです。
タスマニアの気候は、この時期は夏なのですが、
まさか薔薇が咲いているとは予想しておらず、
タスマニアではイギリス領であることも影響しているのでしょうか。
素敵なお家が立ち並び、そしてそのほとんどのお庭には、
ガーデンローズが植えられており、色とりどりの薔薇が街に
潤いを与えていました。
南半球の地で、多くの薔薇を愛でることが出来、癒しのひと時を得て
それは私にとって幸せなことでありました。

201601188.jpg

こちらは、コルクの木。

2016011810.jpg

松ぼっくりも、手のひらサイズでビッグです。

2016011827.jpg

201601203.jpg

こちらは、朝市のお花屋さんで売られていたブーケ。
ビタミンカラーのお花達が、心に元気を届けてくれますね。
朝市では、ブーケを携えた男性も目にしましたが、
世界各国、お花が人々に笑顔を届けてくれ、
誰かを勇気づけてくれる・・・素敵なことだなと思います。

201601204.jpg

今回、私は人生初めて、リュックサックを背負い、
アウトドアシューズを新調したのですが、山ガールの方達は、
こんな風に人生を謳歌されていたのですね。
これも、「百聞は一見に如かず」の良い経験でした(笑)

私が、タスマニアで出逢った美しいもの・・・
これからが本番ですので、追ってご紹介させて下さいね♪

(続く・・・)


| タスマニア | ▲ top
帰国致しました。
2016/01/18(Mon)
201601183.jpg


天然精油を巡る聖地巡礼の旅・・・

タスマニアへの感香旅行より、お陰様で、昨日無事帰国致しました。

渡航前には、温かいメッセージを届けて下さった皆さま、
本当にありがとうございます。

この1週間の視察旅行で学んで来たことを、
また追ってお伝えさせて頂きますね。

どうぞ宜しくお願い致します。


| タスマニア | ▲ top
| メイン |