FC2ブログ
アレルギーについて
2009/09/07(Mon)
9月

9月に入り朝夕は涼しくなりましたが、日中はまだまだ陽射しが強く暑さは衰えません。
夏の疲れが溜まり、体調を崩されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ストレスや疲労により免疫力が低下すると、発熱・喘息・皮膚炎・じんましん・・・など
様々なアレルギー症状を引き起こしやすくなります。
私も先日、原因不明の蕁麻疹が、首筋や腕などに広がり、
ステロイド剤やラベンダーの精油などで対処しました。
特に普段の生活で変わったことは無かったので、改めて規制正しい生活習慣や
バランスの取れた食生活、適度な運動などを心がけなければ・・・と思いました。

アレルギー体質の改善には免疫力の向上が重要となり、
免疫機能が活性化すれば、異物となる病原菌などに対する抵抗力が強くなります。
人間が本来もっている自然治癒力が高められるわけです。

アロマには、免疫を活性化したり調整するものがあります。
主な精油は、ティートリー、フランキンセンス、ユーカリ、ラベンダーです。
抗アレルギー作用のある精油は、カモミール・ローマンです。
ストレスによる糖質コルチコイドなどの抗ストレスホルモンは、
免疫系を抑制するよう作用しますので、
アレルギー体質の方は、まずはお好きな香りの精油をお部屋に焚いたりして、
神経系に対してリラックスを促す生活を心がけてみて下さいね。
また、上記の精油を意識的に取り入れると、アレルギーの改善にさらに効果的ですね。

9月5日52

少しアレルギー体質で喘息気味の生徒さんが、ガラス製のアロマペンダントに
ティートリーにイランイランなどのお好みの香りの精油をブレンドしたものを入れて
普段から身に付けられるようになったのですが、「咳が出にくくなりました。」と
先日、嬉しいご報告を頂きました。
ティートリーは抗ウイルス作用がありインフルエンザにも効果的ですので、
これからも是非続けて下さいね。

今日は、アトピーでお悩みの方の個人レッスンをさせて頂きました。
食生活では、トランス脂肪酸が含まれた食品(ポテトチップス、マーガリン・・・etc)を
出来るだけ食さないようにし、腸内環境を整えるために発酵食品を意識的に取り入れるようにと
お話させて頂きました。
また“びわ茶”も、アトピーに効果的だとお伝えさせて頂きました。

アロマの香りで心をほぐし、体本来の免疫機能を高め、
辛い症状を少しでも軽減する手助けになれれば・・・と切に思います。

| アロマ | ▲ top
前ページ | メイン |