FC2ブログ
アロマは脳のサプリメント♪
2011/09/30(Fri)
201109301.jpg

大相撲秋場所で12勝を挙げ、大関に昇進される琴奨菊。
日本人大関が4年ぶりに誕生するとのことで、注目されていますね。

昨日ニュースで、琴奨菊の趣味は?と尋ねられると「アロマテラピー」を紹介されていました。
元横綱の貴乃花親方も、現役時代からアロマテラピーを活用されていたそうで、
日々のストレスケアや、精神統一に取り入れられているそうです。

戦国乱世と言われる鎌倉時代から室町時代の武将たちは、
出陣の際、兜の中に香りを焚き染め、心を鎮めていましたが、
どの時代も、戦いに臨む男性にとり、自然の力は大きな役割を担っていたのですね。

201109302.jpg

先日、東京でアロマレッスンにお越し下さった方より、
「毎日、アロマ化粧水はきらさず作って、お風呂上りに頭からほぼ全身に
シュシュっとスプレーしています。
冬場の乾燥肌の痒みがなくなりましたよ。
それから、オイルは、湯船につかりながら、ホウレイ線を伸ばすマッサージに使っています。
最近は、息子の部屋でもアロマが香っています。
アロマは、脳のサプリメントと言われるのが良く分かります。」と嬉しいメッセージを頂きました。

アロマテラピーの世界というと、女性が愉しむイメージがありますが、
日々過酷な労働で疲れてらっしゃる男性こそ、健康面でも精神面でも取り入れて頂くと良いですよね。

Mさん、嬉しいお知らせをありがとうございました。
これからも、自然の香りをそばに、健やかにお過ごし下さいね。

201109303.jpg

香りを愉しむ・・・というとスパイスも思い浮かびますよね。

写真は、私が数年前に作ったワインオーナメントなのですが、
(クリスマスの時期には、ドアに飾っても良いかも☆)
今もスターアニス(八角)、クローブ(丁子)、シナモンの香りが、優しく香っています♪
スパイスがある生活も、生活をより豊かにしてくれますよね。

20110919.jpg

次に香りを愉しむ・・・というとワインの香りも脳を癒してくれますね。
今月は、柿木畠のお蕎麦屋の名店更科藤井さん
野菜のパイオニア澤田さんのお店Au milieu de la vie(命あるものに囲まれて)で開催された
ワイン会に参加させて頂いたのですが、
和食とワインの絶妙マリアージュに酔いしれてきました☆

オーストラリア・オレンジ地区の素晴らしいテロワールと
世界最高の醸造家に2度選ばれた、フリップ・ショー氏の手腕で造られた
フィリップ・ショー NO.11シャルドネ[2006]なども美味しく頂きました。

最近、続けて伺った倫敦屋酒場ロンドンヤバーも、お気に入りになりました。
多くの作家、映画人が訪れる全国屈指の洋酒バーで、
打てば響くマスターとの会話の妙も楽しかったです。
金澤の宝物と称賛されるマスターが、その場でパイナップルを絞って作ってくれる
カクテル「エンジェルパンチ」もカラダに優しく美味しかったですよ。

(生徒さんから、どんなところに食事に行かれますか?と聞かれましたので、ご紹介させて頂きますね。
写真は、鯛の骨です☆ 皆様におめでたいことがありますように☆)

201109191.jpg

Au milieu de la vieさんには、野菜を食べて、細胞をキレイにしたい♪と願い
度々ランチに伺うのですが、今月は、オクラの花をよく頂きました。
野菜は葉から根まで、まるごと楽しみ頂きましょうという「ホールフード」なライフスタイル・・・
家庭でも少しずつ取り入れていけると良いですよね。

(といいつつ実は最近、栄養を摂ることに力を入れていたので、呼吸と一緒でまずは、出すのが大事!!と
昨日から、大高酵素を飲用しながら断食を始めました。
断食をすると、味覚、嗅覚を始め、感覚が鋭敏になり、
断食明けのごはんや、梅干、林檎ジュースがこの上もなく奥深く美味しく感じた経験がありますので、
明日まで、腸を休めてあげたいと思います☆
そして、また補食から始めて美味しくご飯を頂きます♪)

20110930.jpg

もう一つ・・・香りを愉しむというとコーヒーがありますね。

昨日御礼にと二三味珈琲さんの焙煎豆を頂きました。
船小屋ブレンド、二三味ブレンドと、てっかまっかブレンドというユニークなネーミングの豆・・・

珈琲通の中では知る人ぞ知る、珠洲市にある珈琲豆専門店だそうで、
これといって広告もされていませんが、噂が噂を呼び、評判が評判を呼び、
全国に熱烈なファンが多く、取り寄せ依頼が多いことでも有名だそうです。

珈琲は香りの飲み物で、香りを無視することは出来ませんよね。
脳を癒すアロマの役割をもち、また珈琲の香りで脳が進化すると、以前本で読みました。

それは、アロマテラピーにも通じるのですが、
人は、一度嗅いだ匂いは、良い匂いも悪い匂いも憶えます。
何故なら、その時まで眠っていた嗅覚センサーが匂いを嗅いで、初めて眠りから覚めるという
たった一度で、記憶に残るほど激しい刺激が、脳に伝わるからです。
アロマテラピー生活を続けると、嗅覚が研ぎ澄まされますが、
こうして匂いの感性が新たに形成されるのですね。
多くの自然の香りを嗅ぐことは、アンチエイジングにも繋がります♪

香りは、目に見える形はありませんし、手で触れることも出来ませんが、
身体の内側にある本来の力を引き出してくれます。
香りと食の満足感が、人の脳に与える作用は素晴らしいですね☆

◆ ◆ ◆

(最近金澤で美味しい珈琲屋さんヒッコリーに連れていって頂きました。
井戸水で淹れて下さる柿木畠の落ち着いたカフェで、
ゆったり休憩したい時におススメです☆
それから妹は、自宅で生豆を炒って焙煎して飲むほど、珈琲好きなので、
来週帰省した折りに、こちらの焙煎豆を持って帰り、淹れてもらおうと思います♪)



| アロマ | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ