FC2ブログ
見えないものを見る力
2011/11/06(Sun)
20111107.jpg

この週末は、とても有意義な心の気付き・学びを得る二日間を過ごさせて頂きました。

私は常々、本物・本質を見る目を養いたい、また身体にとって良いものへの感度を上げ、
自分のカラダを、内側からキレイにしたいと思っていましたので、
これからも自分の人生において、大切に心に留めておきたい言葉をたくさん頂き、とても嬉しく思います。

先日、生徒さんから感激のメールを頂きました。
「毎日いろいろあるけれど、先生のブログを読むと、
『世の中には素敵な人や素敵なモノがいっぱいある。だから大丈夫!』と思えます。」と・・・

本当、自分の考え方・捉え方次第で、世の中は霧が晴れたように輝いてみえますよね。
私も、真摯に誠実に生きてらっしゃる方々に出逢う度、
「あぁ私もちゃんとしよう、頑張ろう!」と思え、勇気や希望を頂いています。
私が綴らせて頂いていることに、共感して下さる方がいることは、とてもありがたいことです。
このブログを読んで下さっている皆様にも感謝申し上げます。

この二日間で心に響いたお話・・・また長文になりますが、
宜しければ皆様とシェアさせて頂けたらと思います。

201109132.jpg

土曜日は、ピールアートの第一人者である才田春光先生による講演会が開催されました。
先日、才田先生の犀川沿いのギャラリーは、NHKによる取材を受け、TVでご紹介されました。
一万本のたんぽぽや、数々の野菜、果物の皮で作られたピールアートを、
今回初めてご覧になられた方も、感激されていました。
例えば、みかんの皮・・・
人が果肉を食し終えた途端、それはゴミとして扱われてしまいます。
今まで果肉を守ってきた皮・・・
何も変わらず同じ物質であるのに人間が、勝手にそう呼び不要な存在として扱っているだけ。
先生は、そこにありのままの美しさを見出し、
愛を持って植物に命を吹きかけてらっしゃるように思います。
是非、お近くの方は、ギャラリーに足を運び、自然の美を堪能されて下さいね。

果物の皮は、女性に似ている
果肉をしっかりいだきながら、艶やかに香り
実る姿は、自信に満ちた女性そのもの

わが子ともいえる果肉が巣立った後
残された果皮は、子育て以外のことに挑戦し始める
一人の女性として、自由に姿を変え、第二の人生を謳歌するのだ
人は果肉をおいしく食べて、体を育む
そして、果皮とたのしく遊んで、心を育む
やがて、果肉と果皮は土に還り、次の命を育む
自然のサイクル、命の循環の中で、果皮と共有する時間
清々(すがすが)しい香りに包まれながらの創作は
「五感+α」全開の充実した時間である
 
果実はとても個性的
似てはいても、同じものは二つとない
創作過程は子育てそのもの
放任も過保護も、決して良い結果を生まない
常に対話しながら成長を見守る
まるで母親がわが子を見つめるように・・・

ピールアートは、幼い頃のままごとの延長線上から生まれた
そして今、それは 「大人のままごと」になった

(才田春光先生 HPより)

20111105.jpg

今回の講演会は、「自分自身が、からだの主人公になりましょう」というテーマでお話頂きました。

利便さを追い続け、日常何の疑いもなく使用しているモノたち・・・
化学の進化は、私達に多大な恩恵を与えてくれているが、
私たちが本来持っていた力を退化させているのではないか?
得たものよりも、実は失ったものの方が多いのではないか?
五感が鈍化し、感受性に蓋をしているのではないか?
お話を伺い・・・このようなことを考えました。

この場ではオブラートに包んだ言い方しか出来ないのですが、
ダイオキシンの問題から、公で語られることは憚られる
今日本に起こっている目を覆いたくなるような悲しい現実も取り上げられ、
衝撃を受けるとともに、未来の地球、子供たちのため
一人一人の意識改革が必要な時に来ているのではないか・・・このように思いました。
自分自身を守るためにも、これからの日々の積み重ねが大切だと思いました。
ジャンル・切り口は違っても達観されている方から語られる真実は同じで、
一つの疑聞点がクリアになると、どんどんココロの目で見える範囲が広がっていくように思います。

参加して下さった方々からは、
「日々、何の意識もせずに生活していて、自分の身体に無関心だったな、と申し訳なく思いました。
これからは、身体との対話を心がけて、美人を目指していきます!」
「春光先生のお話は、知らないといけない本当に大切なことを教えて下さいますね。」
「色々なことに気付かされ、少しずつでも取り入れていきたいなぁと感じました。」
・・・等ご感想を頂きました。

「気付いて、感じて、変わりましょう!!」
これは皆の合言葉の3K・・・

私は、アロマテラピーとの出逢いが気付きの一歩でした。
現代の生活では、完全なるナチュラルな生活を送るのは難しく、
あれもダメ、これもダメとがんじがらめにはならず、選択するポイントを押さえ、
自身の人間としての強さも信じて、人生を謳歌して過ごしていけたら・・・と想っています。

才田先生、ご参加下さった方々、本当にありがとうございました。


201111062.jpg

日曜日は、アロマ教室の方々と石川県羽咋市まで第一回全国自然栽培フェアに足を運びました。

無農薬・無肥料・無除草剤で作る「奇跡のリンゴ」で世の中に大反響を起こされた木村秋則さん
フィトセラピスト池田明子さんの座談会が開催され、私もとても楽しみにしており、
雨天で大変足元の悪い中ではありましたが、訪れた方々は熱心に聞き入ってられました。
自然栽培とは、農薬や、肥料を使わないだけではなく、土が自然本来の状態に近づくように
人の手でお手伝いする農法だそうです。
農薬や化学肥料は、大気汚染、土壌汚染、水質汚染の深刻な原因になっているとのこと。
「言うは易く行うは難し」なのは、重々承知していますが、
出来る限り、地球がこれ以上汚染されないで欲しいものです。

また座談会では、ローマ法王に献上され続けている「神子原米」の日本全国へのブームの火付け役として
大きく貢献された高野さんからもお話を伺えました。
有機栽培された野菜、一般的な方法で作られた野菜、自然栽培された野菜を置いておくと、
一番先に有機栽培された野菜から腐っていくそうです。
野菜や、果物は放置していると腐敗するものだと思っていた私・・・
自然栽培された植物だけは、腐敗するのではなく、枯れていくそうです。
何事も、過ぎたるは及ばざるが如しなのでしょうか。
高野さんの御実家はお寺さんとのことで、
仏教では「即身成仏」という言葉がありますが、昔の僧侶は瞑想を続け絶命しミイラ化しますが、
現代のお坊さんは、色々なもの!?が入っているのでミイラ化するのが難しいかも・・・
と分かりやすくなぞらえてお話も下さいました。
このお話は、私の心に大きく響きました。

また池田先生の、食物は身体にとっての栄養になりますが、
ハーブ(薬草)は、心の栄養となります・・・とのお言葉もココロに響きました。
ハーブはデトックス作用もあり、身体にとって不必要なものを洗い流してくれますね。
自然の香りは、心のバランスを整えてくれる調整剤ですよね。

話が反れますが、発酵と腐敗にはどちらも目に見えない微生物が関係していますが、
人生も腐敗せずに発酵させたいものです・・・
感謝の気持ちでいると、御腹の中の微生物も善玉菌が優勢になるそうですよ。

20111106.jpg

こちらは、座談会にてお話を伺い、言葉の端々に感銘を受け
その場で購入させて頂いた木村秋則さんの最新著書。
初めてお会いしたのですが、屈託のない愛くるしい方で、
まるで花咲か爺さんや福七神のように福々しいお方でした。
農薬に弱い体質だった奥様のために、無農薬のリンゴ栽培を始められた木村さん。
それから努力・根性という言葉だけでは言い尽くせない壮絶な10年を過ごされ、
ついに完全無農薬、無肥料のリンゴ栽培を成功されました。
現在は、全国各地、また海外でも農業指導を行っておられます。
完全無農薬・無肥料で育てられた植物は、根が3倍も4倍も深く深く伸び、
生命力に溢れていることも学ばせて頂きました。

木村さんの御話の中で、
木村さんは、いつもリンゴの木に語りかけていたそうですが、隣の農園の方に、
そのような姿を見られると恥ずかしいという想いがあり、隣の農園と境目辺りのリンゴの木には、
声掛けをしなかったそうです。
そうすると、その木々だけ枯れてしまったとのこと。
木村さんは、リンゴの木々に対して大変申し訳ないことをしてしまったと、
それからは、人目もはばからず木々に声掛けをされているそうです。
「愛」の反対は、「無関心」であるというマザーテレサの言葉がありますが、
やはり人の想いというのは、全てにおいて必ず伝わるのですね。
木村さんは、今までリンゴにかけられた想い・情熱が、
同じくリンゴから返って、感謝の気で包まれてらっしゃるのでしょうね。

また『心が「主」で身体が「従」である』、『人と地球が共に生きるため大きな発想の転換が大切』・・・
というお話も、偶然にも才田先生のお言葉と通じ、
今の私が心に留めるべきキーワードなのだなと思います。

201111061.jpg

自然栽培フェアでは、全国から生産者の方々が集われ、お米、お味噌、野菜などが販売されました。
能登の自然栽培米やお野菜、福井マルカワみそさんのお味噌、熊本桜野園さんのお茶・・・etc
様々な身体に良い食べ物を購入させて頂きました。
米粉で出来たカレー粉も販売されていたので、
今夜はニンジン、たまねぎ、菊芋、お米、黒米などで、久しぶりにカレーを作りました☆
大地のパワー満点のミラクルカレーです♪
ニンジンはほとんど皮つきで、洗う時少しこそげただけなのですが、
とても良い香りがして、思わずニンジンを鼻に近づけ香っていました。
草もちの籠にひとつ穴が空いていますね。美味しそうなよもぎ餅を選び買わせて頂きました(笑)

今日のブログの一枚目は、会場で頂いたおにぎり・・・
自然栽培法で作られたお米は、何だかココロから喜ぶ優しいお味でした。
私は、好き嫌いは無く何でも美味しく頂くのですが、
私の一番大好きな食べ物は、ごはんと梅干です。
(入院をし、絶食期間が終えた一番に食べたかったものが、やはりごはんと梅干でした☆)
私は、日本人に生まれて本当に良かったと思います。
植物は、身体が喜ぶ「命の素」・・・
私たちの食卓へ、日々育て届けて下さる農家の方々に感謝です。

長々と書き連ねましたが、この二日間でまだまだ書ききれないほど、
多くのことを学ばせて頂きました。
素晴らしい方々との出逢いに感謝し、学んだことを活かしていければ・・・と想います。

羽咋まで、ご一緒下さった皆様、本当にありがとうございました。
長文をお読み下さった方々も、ありがとうございます。


| 日々の出来事 | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ