アロママッサージ
2012/10/31(Wed)
201210312.jpg

今日は、アロママッサージレッスンの日でした。

ローズファームケイジさんの和バラ「しずく」もちょうど一輪咲いてくれ、
生徒さんたちに、見て頂けました。
「品がある薔薇ですね。葉もとても美しいですよね。」とお話下さる方も。
薔薇好きな方々なので、レッスンが始まるまで長~い間(笑)、薔薇談義に花が咲きました♪
楽しいお話は尽きないですよね☆

201209261.jpg

「この前エステに行ったら、肩甲骨の老廃物が多くて、これは手では無理だから、
機械を使ってエステしなきゃダメって言われたんです~。」と心配されている方がいらっしゃいました。
「え~そんな~!!私が、流してみせます」と、
背面マッサージの見本&練習も、重点的にさせてもらったのですが、
ちゃんと肩甲骨の窪みから老廃物を流すことが出来ました。
初めて練習された方も、「左のここにコリコリ、感じます!」と感覚を掴んで下さいました。
またご家族にマッサージしてあげて、覚えてもらい(笑)
肩が重い時などは、八の字マッサージしてもらって下さいね☆

201210313.jpg

お見本のマッサージをしている時、私の手の動きを見て、「ピアノと一緒なんですね♪」と
言って下さる方もいらっしゃいました。
「そうなんです♪最後は、余韻を大切に手を離して下さいね。」とお話させてもらいました。
マッサージの始めは、「軽擦法」という優しく撫でるような手技から入っていきますが、
音楽と同じで、ピアニッシモからフォルテへの強弱、またテンポ、リズムの緩急をつけると、
単調な調べではなく、心地良いマッサージになるかと思います。
まずは、相手の方の呼吸に合わせて、マッサージしてあげてみて下さいね。

201210234.jpg

今日は、グレープフルーツやサイプレスといった浮腫みに効果的な精油をベースに、
皆様マッサージ用オイルをブレンドされました。
浮腫み対策と云えば、ジュニパーの精油も良く使われます。

先日お友達のRIKAちゃんから、ジュニパーの香りが大好きで、
アロママッサージに取り入れているのだけど、
注意書きには、長期使用不可と記載されており、どうしてかな?と質問頂きました。

私なりのお答えを、こちらでもシェアさせてもらいますね☆

201209262.jpg

アロママッサージで経皮吸収された精油の成分は、代謝され汗や尿によって排出されますが、
量が多いと代謝しきれず、体内に蓄積される場合があると言われています。

ジュニパーは、腎臓の働きを刺激することで、体内に溜まった水分の排出を促進する作用があり、
長期に渡り使用すると腎臓に負担がかかる可能性があるとのことです。
では、具体的にどれくらいの間、使用するのは良くないかとのことですが、
諸説あり、専門家の方々によっても見解は様々なところが現状です。
私の考えでは、高濃度での日々連用は避け、2,3日の間隔を空け、
2%以内の濃度での使用は問題ないのではと思います。
(但し、腎臓に疾患がある方は、除きます。)

食べ物でも身体に良いからと、毎日同じものをずっと食べ続けるのは、好ましくないですよね。
身体もその時の体調に応じて、必要とするものが変わってきます。

精油も、その時心地良く感じるものが、心と身体にとって必要な香りですので、
本能的に、快か不快か感じてみて、カラダと相談しながら様々な香りの精油を使ってみて下さいね。

20121022.jpg

今月号の月刊「金澤」・・・
先日購入し、実家や義母の元、関西のステンドグラスの恩師にも送りました。
東京、横浜、大阪と離れて住む方々も、わざわざアマゾンで購入して見て下さったとのことで、
ありがたく想っています。ご覧下さり本当にありがとうございました。

先日、「化粧水もアロマで作ることが出来るんですね~♪」と金沢の方からお声頂きました。
アロマテラピーは、自然療法であるということを、多くの方々に知って頂きたい想いで、
ご依頼された取材を御受けさせて頂いたのですが、
このように、まずはアロマテラピーを身近に感じてもらえると嬉しいです。
そしてセルフケアに役立てることが出来る一つの方法として、
認識度が高まると良いなと思っています。

朝晩、冷え込むようになりましたね。
こちら金澤でも風邪が流行っているのですが、「アロマの香りで、鼻がす~っと通りました♪」と
先日も嬉しいお声を頂きました。
どうぞ皆様、これからの季節もアロマと共に、健やかな毎日をお過ごし下さいね。

| レッスン風景 | ▲ top
| メイン | 次ページ