FC2ブログ
和ばら・・・その秘めたる力「香り」 in 京都
2015/03/01(Sun)
201502154.jpg

時が移ろうのは早いもので、
今年も三月・・・弥生を迎えました。

春は草木の芽が張るが語源だそうですね。
気持ちを新たに、明るい陽光を浴び
心も芽吹いて過ごしていきましょうね。

2015030111.jpg

こちらは過日、ローズファームケイジの
國枝健一さんと共に
和ばらと香りの会を開催させて頂きました
京都の伝統ある老舗旅館、炭屋旅館さん。

二日間に渡り、皆様と共に和ばらに包まれ
幸福感に満ちたひと時を過ごさせて頂き、
心より感謝しております。
その思い出を綴らせて頂きますね。

(大変長文になりますが・・・
宜しければお付き合い下さいね。)

201503017.jpg

昨年12月に、東京の八芳園にて
開催させて頂いた時もそうだったのですが、
皆様をお迎えする前から、会場は和ばらの
そこはかとなく優しく甘い香りが広がり・・・
炭屋旅館さんの女将、若女将も
「ええ香りですね~。」とお喜び下さいました。

しなだれた和ばらの流線美・・・
國枝さんは、お花のアレンジメント等は特別に
習われたことはないそうなのですが、
毎日向き合っている和ばらの声を聴き、
下向きに育つそのままの姿を活かし、
さささっと和の花器に
お迎えのお花を生けて下さいました。
日本の間に主張しすぎない奥ゆかしい花色が、
調和し、心“和ませて”くれます。

國枝さんが以前、
「和ばらは、たとえどんな環境で育っても、
必ず太陽の方へ向いて花を咲かせるんですよ。」と
お話下さったのですが、
私は、その言葉が心の琴線に響き、
それが和ばらに出逢ったこの感動の全てを
表していると思いました。
和ばらには、何故だか生命力を感じるのです・・・
私も自分の置かれた場所・環境で、
あるもの全てに感謝して過ごして行きたいものだと
思っています。

東京・八芳園での様子はこちらです→★★★

201502161.jpg

そんな、主張せずとも、何故だか品があり
見る人の心を打つ和ばらは、
自然の山や森に限りなく近い環境にて
育てられています。
そしてその環境を整え、薔薇を育てるのは、
現代では逆に、易しいことではなく・・・

美しい花を咲かせるために、
一番大切なのは、土。

イベント前日には、農園に伺わせて頂いたのですが、
ふかふかの土を少し掘ると、小さなミミズがいっぱい。
ミミズのおかげで、細かい空気の通り路が出来、
肥料は、このミミズの排泄物、落葉、もみがら等が
微生物の分解によって作り出し・・・
この土の中で、命の循環が起こっているのですね。

201412051.jpg

優美で繊細な色彩が美しくも
そのような環境で、甘やかされることなく
たくましく育った和ばら・・・

それは一度目にし、触れられたことのある方なら、
何故だか、何かが違うとインスピレーションで
感じられるのではないでしょうか?

201502158.jpg

201503019.jpg

その感動を与える「和ばら」誕生秘話を
國枝さんより農園でのお写真等を見せて頂きつつ、
興味深くも、分かりやすくお話頂きました。

初日、ご参加下さった皆様は意気投合し、
今月には、農園見学をお願いされていましたが、
是非、実際に育てられている和ばら達から、
心地良いエネルギーを感じてきて下さいね。

201503013.jpg

201503011.jpg

201503018.jpg

この度は、現在ローズファームケイジで
栽培されている45種の薔薇の中でも、
特に、薫り高い和ばら15種ほどをお持ち頂きました。

しとやかな
妖艶な
瑞々しい
蜂蜜のように甘い
麗しい
清楚で可憐な
甘美な
幻想的な
神秘的な・・・

香りを表現するには言葉は尽きませんが、
私が浮かぶ和ばらに対する香りの表現は
このような感じでしょうか・・・
様々な香りの中でも、
ご自身が夢見心地になり一番陶酔するものを
香って頂くと良いですね。

2015021510.jpg

美咲、友禅、つきよみ、結、一心、奏、雅…
一種づつ慈しみ、愛でては、香りを愉しみ…
このような時の自然に溢れる女性の微笑みは
なんとお美しいのでしょう。
皆様の頬が、薔薇と共に自ずと緩み、
それはそれはお幸せそうで、
見ている私もお福分けを頂きました。

2013090216.jpg

そして國枝さんのお話に引き続き、私からは
薔薇の芳香成分が持つ女性に嬉しい効能、効果を
実際のダマスクローズの精油や芳香蒸留水等を
香って頂きながらお伝えさせて頂きました。
そして実際にローズウォーターも飲用して頂き・・・

薔薇はアロマテラピーの世界の中でも、
「香りの女王」と呼ばれています。
紀元前の時代から、お薬としても
広く人々に親しまれて来ました。

今回の講座後も嬉しいご報告が・・・
「実は参加した日は生理一日目で、
本来なら鎮痛剤が手放せないところ、
今回はお薬を手放すことが出来、驚いています。」

このような報告は、過去のLessonでも頂戴しており、
薬剤師としての立場からアロマテラピーを
お伝えさせて頂いている私としては、
一番嬉しく生き甲斐を感じます。

自然の香りは、心に対してリフレッシュ、
リラックス効果等がありますが、
その奥にある底力は無限大です。
自然の恵みを上手に活用し寄り添いつつ
健やかな毎日にお役立て頂きたいです。

201210211.jpg

ローズの芳香蒸留水は、私は化粧水として
お風呂上がりに香りに癒されつつ、
お顔につけているのですが、皆様からは、
「しっとりする~♪」と大絶賛でした。
近い将来・・・
國枝さんの和ばらウォーターなどが
私達の手元に届けられる日が来ると良いですね。

2015021512.jpg

それから講座の中で、皆様から私が使用している
アロマテラピーの精油メーカーを尋ねられたのですが、
私は、フランスの医療用アロマを使用しております。
香りも、体内に入り全身の血流に乗り、
駆け巡るものですので、
人工的なものでは無く、身体に優しいものを
取りいれていきたいですね。

こちらの代理店から購入出来ますので、
宜しければご参考にされて下さいね。→★★★

201503021.jpg

和ばらと香りの会の講座後には、
皆様と交流を兼ねたお食事会を・・・

春の訪れにときめきを感じる上品な
炭屋旅館さんの職人さんの粋が詰まった
京料理に舌鼓を打ちました。

丁度、この日お二人の方がお誕生日を
お迎えされるということで、國枝さんから
和ばらのブーケのプレゼント♪
和ばらに囲まれた素敵なお誕生日でしたね。

201503012.jpg

それから、こちらの大根のつま・・・
この糸のように細く長い巻かれていているのを
お一人の方が気付かれ、きゃ~♪と
皆で大歓声を上げましたね。
(はじめは、皆気が付かず頂いたいたのです^^)

そこに集う皆が、温かく心を通わせ
思い出に残る口福の時間を過ごさせて頂きました。

201502159.jpg

201503016.jpg

2012102114.jpg

201502152.jpg

それでは最後になりましたが、
薔薇、そして香りが結んでくれ
出逢わせて頂いた皆様、
本当にありがとうございました。

また今年も薔薇が咲き誇る季節…
薔薇の持つ秘めたる力を思い出し、
更に薔薇に近付き、五感で癒され
心身の健康・美にお役立て下さいね。

感謝を込めて・・・

雅美

| 薔薇 | ▲ top
前ページ | メイン |