Japanese Aromatherapy
2017/12/21(Thu)
201712218.jpg

いよいよ明日は冬至の日。

「陰極まりて、陽生ず」
暦の上では冬が去り、春が近づいて来ますね。

日本では江戸時代より冬至の日に無病息災を願い
柚子湯に入る習慣がありますが、今我が家のリビングも
柚子の爽やかな香りがふんわり広がり、
これぞジャパニーズアロマテラピーですね。

柚子の皮には、リモネンやシトラール成分が含まれるので、
新陳代謝を活発にさせ体を温め、免疫力をアップさせ、
風邪を引きにくくする働き、疲労回復や筋肉痛、
神経痛の痛みを緩和させ殺菌作用がありますね。

中のぬるぬる成分ペクチンにもお肌をツルツルにしてくれたり嬉しい作用が🎵

私も柚子を絞って柚子ジュースを頂いた後に、
皮を湯船に浮かべて柚子湯を楽しみたいと思います。
(沢山入れ過ぎると、ピリピリするので注意)

自然の恵みを取り入れ、この冬も健やかな毎日をお過ごし下さいね。

201712219.jpg

今年のクリスマスもあと数日・・・

こちらはこの冬私が手作りしたクリスマスリースですが、
4段重ねて遊んでみました♪

先月、市場で購入したヒムロスギなどの針葉樹も
森林浴の香りを放ってくれ、ありがたいことに
我が家の健康を守ってくれています。
モミの木などに含まれるαピネン成分は抗菌作用があり
森のお医者さんと呼ばれていますね。

201712212.jpg

201712214.jpg

この時季は、キャンドルを焚いて、自然の香りに包まれながら
ゆったりと過ごしております。
クリスマスのオーナメントを眺め、我が家の毎年刻んできた想い出に
浸り感謝しながら・・・

201712213.jpg

乳香を薫香して厳かな気持ちで過ごす時間も癒され、
また免疫力を高めてくれると信じ、風邪予防になっております。

201712211.jpg

こちらは、先日のクリスマスLessonにて皆様に御紹介した香り、
没薬(ミルラ)

聖書に登場する香りで、キリスト誕生の時に黄金、
乳香と共に捧げられた香りです。

このミルラには高い防腐作用がありましたので、
エジプト時代にはミイラ作りに使用されたのですが、
ミイラはミルラが語源となっています。
神官は、正午のお祈りにミルラを薫香しました。
ミルラの香りは心身の汚れを除き、鎮静作用があり、
肌へのアンチエイジング作用もあります。

このミルラを御紹介していた時に、
「バラの香りも、ミルラ香と言われるものがありますが、
このミルラのことなのですか?」とご質問頂きました。

私もバラに興味を持ち、色々なバラに関する本を読みだした頃、
ダマスク香、ティー香等、個々のバラが様々な香りの系統に分類されており、
その中にミルラ香もあり、あぁ、あの聖書に出てくる「ミルラ」なのかなと思っていました。

その後、書物によっては、そうではない記述をされているものもあり、
このバラの香りを7つの系統にまとめられた、バラの香りの世界の
パイオニアでられる蓬田先生に、直々にこの点についてもご教授頂きました。

結論から申しますと、ミルラとバラのミルラ香は全く違うとのことでした。
バラのミルラ香は、アニスの実に似ている成分が含まれ、
ガーデンミルラ(スイートシスリー)と呼ばれるハーブの香りが由来とのことです。
「パラメトキシスチレン」という芳香成分が含まれているバラを
ミルラ香のする薔薇と分類されているのですね。

ミルラ香の薔薇は、お好きな方はうっとり陶酔されますが、
そうでない方もおられますね。
香りは感性のものですが、やはり慣れ親しんだものは好まれ、
欧米の方はアニスの香りに親しんでられるので、
ミルラ香の薔薇を好まれる方が多いそうです。
(デビッドオースチン社の薔薇にも含まれますね)

ちなみに、アニスと八角(スターアニス)の香りは違い、
八角はインフルエンザの薬タミフルの原料になるハーブですね。

私としては、バラの香りを愉しむ時に、特にこれはダマスク香だわ、
とかミルラ香だわなどと考えることなく、その花の香り自体を
、どこまでも深く繊細に感じて頂きたいと思っています。
感じることが、嗅覚を磨かせ、経験値も高まり、
色々な意味での鼻が効くようになると思います。

是非これからも、様々な自然界の香りに触れ、
心豊かで健やかな毎日をお過ごし下さいね。

201712216.jpg

「気が滅入った時、先生から頂いた
ラベンダーのサシェを枕元に置いて休んでます。」

「今まで花粉症で注射を打ってましたが、
アロマ生活を始めて注射を打たなくなり症状が和らぎました。」

「仕事でイライラする時、雅美スペシャルの香油を
首筋につけると気分がほぐれ、肩こりも楽になります。」…etc

先日の茨城県つくばでのレッスンにてこのような嬉しいお声を頂きました。

今年も長野県伊那谷にてオーガニックのラベンダーを
摘みに行かせて頂いたのですが、その香りがこんな風に誰かの日常で、
ホッと心を明るくしてくれ嬉しく思いました。

私は今までは御病気の患者様を薬局にてお待ちし、
お薬をお渡ししていましたが、今は心身共に病気になりにくいような
身体へのセルフケアである自然療法をお伝えさせて頂いています。

現代医療のおかげで私達は命を救われたり
大きな恩恵を得て感謝していますが、普段から自分自身の自然治癒力、
免疫力、その人本来の力を、皆で一緒に高めていけたら嬉しいことに思います。

この日は本物の乳香、没薬に触れ、シベリアモミ、ウラジオモミ、
シナモン、ベンゾイン、ローズウッド、オレンジ、マンダリン、ローズマリー等
10種類の精油をブレンドしてクリスマスを迎えるに相応しい
厳かな落ち着いた中に爽やかさも感じるルームスプレーをお作り頂きました。
気持ちを穏やかに優しくし、抗菌作用にも大変優れていますね。

茨城県の皆様、この冬も自然の恵みと共に、健やかにお過ごしくださいね。

(こちらは教室FBにて、先にご紹介させて頂いた投稿を、
同じく綴らせて頂いております。
ブログでは、写真加工等のため、報告が遅れましてリアルタイムで
ご紹介出来ず、申し訳ありません。)

201712215.jpg

今年のAngeliqueのワンデーレッスンは25日のクリスマスの日が
締めくくりのレッスンとなります。
花々から抽出した精油で、来年も明るく華やかに過ごせるような
香油を作成したいと思います。
(その夜は、恵比寿にてフジコヘミングさんのコンサートに参ります♪)

201712217.jpg

そして23日は、私が今年とても力を頂いた映画「この世界の片隅に」の
主題歌を歌われているコトリンゴさんのコンサートへ・・・

広島では、うさぎの島と呼ばれる大久野島は毒ガスの島だったこと、
呉の大和ミュージアムでは人間魚雷回天の特攻隊の方々の肉声を聴き
原爆投下の日には、献花をさせて頂いたり・・・
今年は、この映画や広島にご縁頂いたことで、
日々の当たり前の時間がどれだけありがたいかを痛感させて頂きました。

家族と共に、コトリンゴさんの歌を御聴かせ頂きながら、
静かに、2017年を振り返りたいと思います。

どうぞ皆様も温かな優しい年末年始をお過ごし下さいね。

| レッスン風景 | ▲ top
| メイン |