FC2ブログ
ドナウの真珠 Part4
2018/01/16(Tue)
201701075.jpg

ブダペストはウィーンと並び、カフェ文化が花開いた街。

街の人々はホッと一息、大切な人との語らう
心豊かな時間を大切にされてきたのですね。

2017010732.jpg

こちらは・・・世界一美しいマクドナルド。

2017010731.jpg

世界一と呼ばれるだけあり、本当に美しい佇まいで、
天井を見上げながら、嬉しい気持ちで街歩き中、
休憩致しました♪

2018010716.jpg

2018011116.jpg

街角のカフェのメニューが描かれた文字も美しく・・・

ブダペストの街では至るところに美が宿っています。

2018010724.jpg

201801165.jpg

こちらはかの有名なカフェジェルボー

エリザベートも愛し、リストも常連客だったそうです。

2018011120.jpg

数年前、青山に日本支店が出来た時にお茶しに行きましたが、
その時、いつか本場のジェルボーに行ってみたいと思っていました。

2017010723.jpg

ジェルボーのインテリアが素敵で、青山でも御写真にも魅入っていたのですが、
現実のカフェもやはり美しく、この場所で上品な淑女達が寛ぎ
素敵なティータイムを過ごされてきたのだなと想いを馳せていました。

2017010722.jpg

私は、ザッハトルテを頂きましたが、過去にウィーンで頂いた時のよう
その幸せのお味が余韻で残っています。

201801118.jpg

そしてこちらは、世界一美しいカフェと呼ばれる
ニューヨークカフェ。

2018011110.jpg

豪華絢爛・・・ここはまるで宮殿のよう・・・

201801119.jpg

2018011114.jpg

2018011113.jpg

ブダペストのレストランでは、私が足を運んだお店では
必ずピアニストの方が演奏されていましたが、
このような煌びやかな空間で、ピアノ演奏を聴き、
普通にお茶することが出来ます。

2018011112.jpg

2018011111.jpg

私達はブダペスト滞在最終日の夜、御食事に伺いましたが、
もう私はずっと天井を見上げて過ごしておりました(笑)

2017010716.jpg

忘れられない想い出の夜となりました・・・

2018011115.jpg

ハンガリーと言えばヘレンド。

本当はヘレンド村の工房見学に行きたかったのですが、
この時季は冬期休業中とのことでしたので、
またいつか機会があれば伺いたいと思います。

2018011118.jpg

ブダペストでは、ヘレンド本店、支店、全てのお店を
見て回りました。
店舗により扱ってられるアイテムも違いますね。

2017010719.jpg

日本では見かけないパターンのアイテムも沢山拝見出来、
美しいクラフトマンシップに触れ、心の栄養となりました。

こちらは今回ブダペストから連れて帰ってきた置時計。
インドの華は、柿右衛門を模したパターンで、日本と
ブダペストを繋ぐ素敵なパターンですよね。
今、我が家で想い出と共に時を刻んでくれています。

2017010721.jpg

エデンシリーズは、リボンが描かれたものは見かけますが、
こちらは蝶々のみ描かれていて私好み。

市内の店舗では見かけなかったのですが、
ブダペストの空港にて出逢ってしまい・・・
ライラック色の蝶々、繊細に描かれた蔦の絵柄に一目惚れし、
この子を私の元に連れて帰ってきました。

2017010720.jpg

アポニーシリーズのペンダントトップは本店にて・・・

ヘレンドの陶磁器は、今までも憧れでしたが、
ハンガリーを訪れたことにより、更にその国の美意識を感じることが出来、
世界中の人々から愛されることが頷けます。

現在、汐留のパナソニック美術館にてヘレンド展が開催中ですので、
また会期中に訪れてみたいと思います。

2017010733.jpg

こちらは、トランジットしたドーハ空港のお気に入りのカフェにて。

三年前にブルガリアを訪問した時もドーハで乗り継ぎ、
同じ椅子に腰かけ、ミントティーを頂きました。

また同じ地に降り立つことが出来、嬉しかったです。

今日もレッスンにお越し下さった方が、いつかハンガリーに
行ってみたくなりました♪と仰って下さいましたが、
あぁ、私もまたブダペストを訪れたいです^^

Part4に続く・・・

| ブダペスト | ▲ top
| メイン |