FC2ブログ
桜咲く・・・
2018/03/25(Sun)
201803241.jpg

季節が移ろうのは早いもので、
今年も卒業式シーズンとなりましたが、
東京では桜も咲き誇り、門出に相応しい季節になりました。

皆様のお住まいの地域の桜たちも、
今か今かと開花へのエネルギーを満たし、
ぷっくりと可愛い蕾をつけている頃でしょうか?

201803244.jpg

今日は、先週開花宣言が発表され、見頃を迎えた桜を愛でに
恵比寿、中目黒、代官山をそぞろ歩き。

201803242.jpg

ソメイヨシノの淡いピンク、寒緋桜の濃いフューシャピンク・・・

様々な品種の桜達が、心を華やがせ明るくしてくれました。
色彩心理学に寄りますと、ピンクは緊張を和らげ、
脳に働きかけ、女性ホルモンが活性化される色とも言われていますね。

(若返り効果を目的として、ピンク療法というセラピーもあり、
内側から若々しくなる効果も期待されていますね^^)

201803252.jpg

ピンクと言えば・・・
今年の春に向けとこちらのオーガニックコスメを購入致しました。
数年前に受けたカラー診断では、私はサマーさんだったのですが、
先日美容院でも布を当てて診断して頂き、
サマーのブルーベースですねと仰って頂き、もう迷いなく、
青みがかったピンクのチークを購入しました(笑)

個人FBでもこの写真を投稿すると、私もこちらのメーカーを
使っています♪とのメッセージを何人か頂き、全国でお揃いだわと
ちょっぴり嬉しかったです。

201803243.jpg

桜の花が咲き誇る姿を見ると、今年も一年つつがなく
無事に過ごせて本当に良かったと思います。

今年も桜に出逢えて、ありがとうです。

2018032513.jpg

そしてそんな春爛漫の美しい季節に・・・

来週は、金澤より親娘で香育レッスンに、
そして次の日は愛知県の方も集中レッスンにお越し下さいます。

2018032511.jpg

金澤の小学校のお嬢ちゃまは、毎年私のレッスンを受けたいと
お越し下さっているのですが、幼い頃から本物に触れることは
より感性が磨かれ、将来心豊かな人生が歩めることと思います。
香りを通じて、そんなお手伝いをさせて頂けることを、
とてもありがたく思っております。

201803258.jpg

愛知県の方も、ワンデーレッスンだけではなく、
集中的にアロマテラピーについて学ばせて下さいと仰って下さり、
わざわざ遠方よりお越し下さるのですが、
その学ぼうとする本気の心に、私もお応え出来るようにしたいと思います。

また恵比寿ガーデンプレイス前のカフェもリニューアルして
お洒落になったり、お越し下さるにあたり、
色々と恵比寿ならではの素敵スポットもご紹介するつもりです♪

201803255.jpg

こちらは、先日恵比寿の山種美術館にて、
一足早いお花見を・・・と桜の展覧会を観に行った時に、
頂いた雅やかな和菓子。
萌黄色と淡い桜色の何とも言えない繊細な色遣いに
心から癒されます。

201803259.jpg

桜の儚い夢のような美しさにも惹かれますし、
こんな元気を届けてくれるイエローのお花も愛らしいですね。

今月のアロマレッスンでは、こちらのお花を飾って皆様をお迎えしました。
今月は、初めましての方、そして金澤在住時通って下さっていた方も
数年振りにお越し下さいました。
ご縁のある方は、時空を超えてまたお逢い出来るのですね。

2018032512.jpg

レッスンでは、春のゆらぎ肌を整え、素肌美を目指すために
効果的なことをお伝えさせて頂きました。

今日も東京は陽射しが強かったですが、この季節は
自身のメラニン色素が少ない時ですので、
美白のためには、先ずは何をおいても紫外線対策が大切ですね。

美白に効果的な精油は、ラベンダーや白檀、ローズウッド等、
皮脂分泌を整えるには、ゼラニウムやイランイランも効果的だと思います。
レッスンでは、ご自身が心地良く感じる精油を数種類ブレンドして
アロマ化粧水や、美容オイルをお作り頂きました。

写真は、岐阜県産無農薬ダマスクローズの蒸留水ですが、
保湿効果、抗炎症効果を期待して
こちらも調合したスペシャルアロマ化粧水・・・
皆様が、これからも自分のお肌を好きであることに繋がって頂けたら幸いです。

2018032510.jpg

そして茨城県つくば市のお花屋さんでのレッスンでは、
若返りの水ハンガリアンウォーターについてお伝えし、
ローズマリーの蒸留水等も調合し、現代版ハンガリアンウォーターを
皆様にお作り頂きました。

レッスンでは色々とご質問を頂いたのですが、
その中でしみについては、ホルモンバランスの崩れや内臓の不調、
様々な原因が考えられると思うのですが、食養生を行った上で、
どうしても出来てしまったしみを薄くしたい場合、
トレチノイン軟膏や、レーザー治療、フォトフェイシャル等も治療も
あると思いますよとお伝えさせて頂きました。
(私は、扁平母斑の治療のために、上記の治療を受けました)

後は、首イボに悩まれていた方もいらしたのですが、
こちらも年齢を重ねると、皮膚の代謝が衰えてくることが原因の一つで
杏仁オイルでマッサージすると一ヶ月で綺麗になられた方が
いらしたことをお伝えさせて頂きました。
皮膚科で液体窒素で取って頂く方法もありますが、
良かったら、男性女性関わらず、植物油でのマッサージを
取り入れてケアしてみて下さいね。

写真は、最近私が愛飲している奈良県産の大和当帰茶。
漢方の当帰芍薬散に含まれる古代奈良時代から伝わる薬草です。

当帰(アンジェリカ)は、女性の冷え、貧血、子宮系の不調に効果的とされる生薬で、
私は、普段高麗ニンジンなども取り入れているのですが、
身体の巡りが良くなれば・・・との思いで摂取しています。
レッスンでもお淹れしたのですが、セリ科の植物だけに、セロリの香りに
似ていますね~と仰る方もおられ、身体がぽかぽかしてきましたとの
ご感想も頂きました。

201803257.jpg

そんなお話もしていますと、「私、今温活をしているんです。」と教えてくれる方が。
お白湯生活を始めたことで、身体の調子が良くなり、夜もぐっすりと眠れるように
なったことをお伝え下さいました。

お白湯は、アーユルヴェーダの教え通り、やかんでお水を沸騰させ、
沸騰してから、蓋を開け15分くらいグツグツと蒸気を出し、
塩素やトリハロメタンを除去することが大切だそう。
この時、換気扇もつけることで、水、火、土、風のエネルギーを取り入れることが
出来るそうです。
そして朝起きて一番に、このお白湯を飲むと良いとのことで、
善は急げと、私も翌日から試してみました。

そうすると・・・私もお通じも良くなった気がしまして、三日坊主の私が
その日以来、お白湯生活を続けています。
(我が家は、琺瑯のケトルを使っていますが、土瓶か鉄瓶を
購入しようかと今思案しています^^)

そして、アーユルヴェーダという生きる知恵をもっと知りたいと
色々と調べていく内に、こちらの本に出逢いました。

「あるヨギの自叙伝」・・・こちらは、あのスティーブ・ジョブズ氏が
唯一、Ipadにダウンロードしていた本とのことで、
私も早速お取り寄せして、今読み進めております。
(とても分厚く読み応えのある本です。)

201803251.jpg

その中で、私の心に響いた言葉は・・・

体験の伴わない抽象論は意味が無い。
技法を頭に仕舞いこんでも何の役にも立たず、
実行することによって得られる。
ヨガは救いに至るための自力的手段。

このような言葉が胸に染み入り、また私も常々アロマテラピーを
語らせて頂く際、そんな風に想っておりますので、改めて自身に
言い聞かせました。

十人十色で、今は様々な健康に関する情報が溢れていますが、
ご自身が経験され、本能で一番良いと思う方法で、
健やかな毎日に繋げて頂けたらと思います。

201803256.jpg

そして・・・私にとって何よりの心のビタミンは、
大切な人と心通わすひと時。

今日は、大阪の方が金澤に旅行に行かれたそうで、
「雅美先生に教えて頂いたお店に伺ってきましたが、
本当に素敵で感動しました♪」とメールを下さり
そんな一言が、私にとっては幸せに想う時間で・・・

先日もレッスンにお越し下さった方と、ありがとうを伝えることって
素敵ですねとお話をしていて、私がブログ内で、
生徒さんから許可を頂き、掲載している御礼のメッセージを読み、
自分も御世話になっている先生にお手紙を書き、
感謝の心を伝えられたんですと教えてくれました。
なので、私の生徒さんにも感謝していると教えてくれました。

感謝、幸せのお裾分けって、本当に素敵で心温まりますね。
私も心がけたいです。

(写真は、大阪豊中在住中の時、御世話になった方に贈った
お花のアレンジメント。
広島のフルールトレモロさんにオーダーさせて頂きました。)

201803254.jpg

本日のブログも長文で本当に申し訳なく、最後まで
読んで下さった方々、ありがとうございます。
(本当は、もっともっとお伝えしたいことが溢れているのですが、
またお逢いさせて頂いた時にもお話させて下さいね。)

こちらは、5月13日にスペシャルアロマレッスンをさせて頂く、
ローズルームさんの新しい成城サロンの様子。
エレガントなインテリア商品を扱うショップで、数年前も、
目白のサロンで、アロマレッスンを開催させて頂きました。

また今年、お声がけ頂き、皆様と微笑みの時を過ごさせて頂けることを
楽しみにしておりますね。
詳細は追ってお知らせさせて頂きますね。

それでは、どうぞ皆様これからの桜の季節を
どうぞ笑顔でお過ごし下さいませ。


| 日々の出来事 | ▲ top
| メイン |