FC2ブログ
ヒマラヤの金 ギー
2018/04/03(Tue)
201804038.jpg

春ごとに 花の盛りは ありなめど
あひ見んことは 命なりけり
(古今集)

(春が来るごとに花の盛りはあるのだろうけれど、
その盛りを見るのは命あってのことですね。)

201804039.jpg

千鳥ヶ淵にて・・・
桜吹雪に、花筏。

花の永遠の輪廻を感じながらも
その儚い美しさ、潔い散り際に感じ入るものがありました。

201804037.jpg

また来年も、皆が優しい桜達に出逢えますように・・・

2018040313.jpg

先週は、ご依頼頂きプライベートレッスンが続いたのですが、
今恵比寿ガーデンプレイスには、さらにお花達が咲き誇り、
辺りには、春のお花達の甘い香りが漂っています。

レッスン前には、こちらでお花達の天然の香りを
ご一緒に愉しみ、最香のアロマテラピー時間を過ごしています。

今週からのワンデーレッスンにお越し下さる方も
是非、幸せのガーデンプレイス広場をご覧になってみて下さいね。
ずっと佇んでいたい心地の良い空間です♪

201804033.jpg

「また今年も娘が雅美先生のレッスンを受けたいと言っているのですが、
伺っても良いですか?」と
3年連続、金澤より香育レッスンにお越し下さったMちゃん。

今年4年生になったMちゃんは、変わらず愛くるしくも礼儀正しく
こんな小さなお子さんが、日々お勉強、ピアノ、珠算、英会話・・・
将来の夢に向かって英才教育を受け頑張っている姿を見て、
私の方こそ、いつも前向きな力を頂いている女の子です。

Mちゃんのお気に入りの香りは、やっぱりブルガリアのダマスクローズと
ジャスミンの香り・・・
このままの優しい清らかな心で、様々な芸術、美しいものに触れ、
素敵な大人になって頂きたいです。

201803271.jpg

お母様からも、ご自身のお肌のお悩み等を御聞かせ頂き、
アロマ化粧水や美容オイルと調合してお持ち帰り頂きました。

今日は嬉しいメッセージを頂戴したのですが、
「薔薇の形や美しい石鹸を使うのはもったいなくてしばらく眺めていましたが
とうとう使わせて頂くと、香りや泡立ちもよくスルスルとお肌に馴染みました。
洗顔後は驚くほど、しっとりつるつるになり、ざらつき感も全く無くなりました。」

・・・とのことで、天然成分のみで作られたコールドプロセス石鹸が、
そんな風に、本来のお肌の輝きをもたらしてくれ、嬉しく思います。
心を込めて作って下さった大阪のTさんに感謝です。

201804031.jpg

そして翌日は、愛知県からレッスンにお越し下さる方が・・・

今までもワンデーレッスンや、音と香りのコンサートなどにも足を運んで
下っていたのですが、集中的にアロマテラピーを学ばせて頂きたいですと
お声をかけて下さいました。

201804032.jpg

アロマ環境協会では、一年に2度検定試験が開催され、
5月11月に試験がありますが、11月の試験を目標に学ばれたいと・・・

私自身は、アロマテラピーに興味を持ち、お越し下さった皆様に
普段の生活でその知識を活かし、健やかな毎日に繋げて頂けることを
望んでいるので、試験を受けることを特におすすめはしていないのですが、
自分で学んだ知識、知恵を周りの方々にも、もっとお伝えしたいという
お考えの方は、応援させて頂きたいと想っています。

私もそうですが、何か人に伝えようとすると、曖昧な点なども調べますし、
得た知識がより深くなりますので、自己の学びにもなりありがたいことですよね。

2018040311.jpg

Dさんは、美容に関しても興味が深くてらっしゃるので、
Angelique課外授業として(笑)、三越に出来たスバメの巣専門店へ♪

こちらのお店は大阪箕面と恵比寿と2店舗あり、
インドネシア産の無漂白、無添加、無成型のものを使用されています。
(昨年、私も台湾の薬局へ燕の巣を購入しに行ったこともあり、
こちらのお店の方に、以前より楽しくお話を伺っていました。)

燕の巣に含まれるシアル酸には、免疫力向上、抗インフルエンザ作用も
期待出来、自然界ではローヤルゼリーの200倍とNo.1の含有量です。

中国医薬書「本草網目」によると、燕の巣は肺を潤し、咳を止め、気力体力を
養う漢方薬として扱われ、女性ホルモンのバランスを整え、
コラーゲンと作りだしお肌の弾力アップ、ターンオーバーを促進し、
絶世の美女楊貴妃や西太后も毎日のように食していたとのこと・・・

その日は、私がブルガリアの工場も見学したローズウォーターに
中国高官の方のみ手に出来るという薔薇の蕾を浮かべ、
召し上がって頂いたのですが、クレオパトラや楊貴妃の美容法で
明日はお肌プルプルになっていると良いですね♪と微笑んでいました^^

201804035.jpg

それから他には、婦人科のお話から奈良の当帰茶や、
最近私が生命力を高めたく、健康のために採り入れている
アーユルヴェーダのギーを俺のベーカリーのパンにつけて、
召し上がって頂きました。

「不自由を常と思えば不足なし」
こちらは徳川家康の遺訓ですが、私にとって心響く言葉であり、
自分の置かれた立場で、様々な解釈があると思いますが、
日々健やかな状態であることは、当たり前のことでなく、
こんな風に生きて過ごせることは、
私にとっては、とてもありがたいことに想っています。

弱いからこそ強くなれる・・・
そんな風にも思っていますが、私が自分の人生で縁あって
身体に良いかもしれないと思えたことは、先ず採り入れ、
経験し、未来の健康に繋げていくのに、
自分にとって良いと思えれば続けていきたいと思います。
知っている・・・とは経験あってこそですよね。

201804036.jpg

アーユルヴェーダは「生命の科学」ともいわれる、
インド・スリランカにおける伝統医学で
アーユルヴェーダは、自らが自身の心と身体の状態を知り、
心身共に調和のとれた、健康を維持し病気を防ぐという
「予防医学」の側面を大切にしています。
医学知識や医療技術のみならず、生活の知恵や哲学、
また生命科学の概念も含む「アーユルヴェーダ」。

最近は、お白湯生活が心地良いことから、アロマテラピーと同じく
ホリスティックな自然療法であるアーユルヴェーダについて惹かれ、
抗酸化作用、免疫機能調整、アレルギーの緩和、抗炎症作用などに
優れた効果を持つ、ギーを御取り寄せして頂いていました。
私は、阿蘇山で放牧されたジャージー牛を使用し手作りされたものを
頂いていたのですが、とてもまろやかで美味しく、
精神の活力剤と呼ばれるギーから、元気を頂いています。

そんな中、大変光栄なご縁を頂きまして・・・
大阪のヨガの先生なのですが
先日インドまでアーユルヴェーダやヨガを学びに行かれ、
至高な経験をされ、現地より紹介下さるFBの投稿を
私も楽しみに拝見させて頂いておりました。

またその学びの中で、ヒマラヤ標高2千メートル級の山岳地帯である、
ヒマーチャルまで足を運ばれ、実際にその地の草のみを
食した牛の乳を、現地の方が丁寧に丁寧にギーを手作りされている様子も
ご紹介下さり・・・

ヒマーチャルのギーは、ヒマラヤの金と呼ばれるほど、
インドでも、高品質で医療的に効果が高いとのことで、
是非この五千年の叡智が詰まったギーを頂きたいと願ったところ
私にもご親切に購入して来て下さり、手にすることが出来ました。
(残念ながら、インドで販売されているギーにも様々な品質が
あるそうです)

私達は、生きているものからエネルギーを頂き、
医食同源であるので、このような自然豊かな地で
育った草やハーブを食し、悠々自適に心の余裕を持って
育てられた聖なる牛の恵みを頂け、心から感謝です。

長々と綴らせて頂きましたが・・・
また皆様、色々とカラダにとって良いお話をご一緒にし、
お互いに健康で過ごせるように致しましょうね。

2018040310.jpg

それから・・・
私にとっての元気の源の一つは、お花達・・・
こちらは、最近一緒に発芽したお花達です。

季節ごと、様々なお花達が活力、癒しを届けてくれ
その花達を育てて下さる方、そしてその花を消費者まで
届けて下さる全ての花業界の方々に感謝です。

| レッスン風景 | ▲ top
| メイン |