発酵道
2011/02/12(Sat)
201002121.jpg

県外からお客様が見え、東山の茶屋街をご案内した際には、
創業天保元年(1830年)の木糀商店さんに必ずご案内させて頂きます。
昨日も東京から数名のお客様が、お越しになったのですが、
御多分に漏れず、「素敵なお味噌屋さんがあるんですよ♪」とお連れ致しました。
お伺いさせて頂く都度、糀菌を見せて頂くのですが、
こちらの自然の神秘に感激してテンションが高くなる私です☆

201002123.jpg

以前、店主の方からお奨めして頂いた御本「発酵道」・・・
千葉県の自然酒蔵元『寺田本家』23代目当主がお書きになっているのですが、
心身のバランスを取り、人間本来の力を引き出す自然食を主にした「菌食」のすすめだけではなく、
微生物の世界から学ぶ、人として大切な相互扶助の生き方を伝えてらっしゃいます。
「腐敗」と「発酵」の違い・・・はとても奥深いものがあります。
現代では、「自然回帰」という自然に還る生活が見直されていますが、
時空を超えて大切に守るべきものは、変わらないのでしょうね。

201002122.jpg

金澤では一般のご家庭で、お味噌を作られるというお話をよく伺います。
自家製のお味噌で作ったお味噌汁やぬか漬けなど、日々召し上がってられる方々は、
腸内細菌のバランスが取れ、免疫力も高まり、健康にとても良いですよね。
お肌も美しく若々しいお方が多く、やはり綺麗なお水で作られた
身体が喜ぶ食べ物を取り入れてらっしゃるからだと頷けます。
私は、なかなか発酵食品を自分で作ることは難しいので、
普段の生活で健康に役立てるため大高酵素や、
オーガニックの甘酒を取り入れ、栄養や酵素を補っています。
この時期は、粕汁も身体が温まって美味しいですね。
酵素と言えば、すぐに思い浮かぶのは消化酵素ですが、消化吸収以外にも
息をしたり筋肉を動かしたりするといった一連の生命維持、
新陳代謝・排毒・治癒・免疫に酵素の働きが関わっています。

これからも積極的に発酵食品を取り入れ、腸を整え身体を大切にしたいと思います☆


| 日々の出来事 | ▲ top
| メイン |