FC2ブログ
タスマニア感香旅行 No.2
2016/01/23(Sat)
201601236.jpg

2016011856.jpg

201601186.jpg

自然が自然のままに香るタスマニアの風。

花も植物も、爽やかな風に揺られ、輝いています。
この清らかな風が生まれ通ってきた海洋の道には、
人も動物も植物もおらず、大気そのままの風。

雨も穢れなき真水で、大地には澄み切ったピュアな水が降り注ぎ、
生きとし生けるもの全てを潤しています。

201601233.jpg

2016011812.jpg

201601232.jpg

その美しい地で、5億年前という悠久の時を超え、
今も成長をし続けるマラクーパ鍾乳洞を訪れました。

真夏のタスマニアですが、気温9度という冷気に迎えられ
鍾乳洞の中に入ると・・・一言で言い表せない
そこには荘厳な気高い気が満ち、「美しい」を超えた
畏怖の気持ちが溢れます。

鍾乳洞の中のライトを消すと、静寂の暗闇の中、
土ホタルの光が輝き・・・まるで天然のプラネタリウムのようでした。
土ホタルとは、オーストラリアとニュージーランドだけで見られ、
その命は1年を待ち孵化し、3日だけだそう。
普通なら、誰にも見られることもなかろう洞窟の奥深い地で
自らの命を輝ききらせる・・・感慨深いものがありました。

201601231.jpg

タスマニアでは、様々な薬用植物に出逢ってきましたが、
その中でも私が、その出逢いに拍手喝采したものの一つが
「サフラン」・・・

サフランというと、パエリアの色付けに使われる香辛料という
イメージを私も持っておりましたが、それはそれは素晴らしく
私達の健康増進に役立つ薬用植物でした。
サフランは、植物の中でも一番抗酸化作用を持つそうです。

サフランは1輪づつ手摘みされるのですが、
私達が訪れた農園の女性は、植え付けも全て手作業でされ、
手が変形されていたのですが、その笑顔は太陽のように輝き、
誇りに満ちたお顔をされていました。

サフランにはグレードがあり、本当に良い品質のもに出逢うのは
簡単ではないのですが、もちろんそちらのサフランは、クロシン、
サフラナール等の成分も豊富に含まれ、安心の世界最高品質です。

2016011852.jpg

サフランの持つ薬効は多種多様ですが、特に注目すべきは、
「脳の活性化・記憶力アップ」です。
また脳や自律神経のバランスを整え、ぐっすりと眠れるという
快眠効果があると研究結果で報告されているそうです。
古代からサフランは医薬として、胃腸薬、ペスト、天然痘、痛み止めなど、
幅広く使われてきたそうですが、近代の臨床試験では、
アルツハイマー、痴ほう症、うつ、老化防止にも効果がある
可能性が示されているということです。

今朝は、サフラン農家ご夫妻の温かい笑顔を想い浮かべ、
そのサフランティーにマヌカハニーを加えて頂いたのですが、
これからも家族共に、健やかに過ごさせて頂けたら幸せに思います。

2016011832.jpg

私の旅行記にお付き合い下さっている皆様、
いつもありがとうございます。

まだまだご紹介したい薬用植物がありますが、
次回のタスマニア感香旅行記では、
ラベンダーのお話などを綴らせて頂きますね。


| タスマニア | ▲ top
| メイン |