FC2ブログ
タスマニア感香旅行 No.3
2016/01/24(Sun)
2016011835.jpg

「もしも無人島に行くことになれば・・・
私は、ラベンダーかティートリーの精油を持って行きます♪」

これは、いつもアロマレッスンの時にお話させて頂いていること。
アロマテラピー(芳香療法)を愉しむ時には、ご自身が心地良いと
思われる香りを取り入れることが、心と身体の両面において
ホリスティックな観点から良き方向に導かれると思うのですが、
数十種類ある精油の中から、どの精油を選ぶのが難しい時には、
ファーストチョイスとしてラベンダーかティートリーの精油を
先ずはお持ちになるのをお勧めしています。

2016011849.jpg

2016011823.jpg

何故なら両精油共に、万能薬的に様々なシーンで活用出来るからです。

ラベンダー精油は、抗菌力が高く、抗ウイルス作用もあり、
お部屋に漂わせると、室内のウイルスを除去し、私もこの時季
外出時には、マスクに垂らして出掛けています。
また今回の視察旅行でもラベンダー、ティートリー精油を携帯しましたが、
虫に刺された時、炎症を抑えるために使えますし、
また日焼けにも効果的で、タスマニアの強い日差しを浴びた肌に
鎮静作用を促すために、夜のお肌のお手入れに使用していました。

また皆様からの多くの嬉しいご報告の中にも、夜眠れない方が、
ラベンダーの香りで、ぐっすりと休めるようになったとありますが、
私も旅行中、朝まで目覚めることなく眠れ、それは普段より
体力を必要とする旅時間を過ごすにあたり、役に立ちました。

2016011830.jpg

そんな、健やかな毎日を送るために私の日々の生活でも
大活躍のラベンダー精油ですが、
ラベンダーの産地と言えば、南フランスやブルガリア、
また富良野のラベンダーを思い浮かべる方も多いと思います。

実は、今回の感香旅行の前、私は3日間断食しました(笑)
断食をすると、味覚・嗅覚が鋭くなり、私の経験上
より繊細な香りを堪能出来るように思うからです。
世界で一番綺麗な空気の中で、香りを感じきりたいと
何故、タスマニアのラベンダーに想いを馳せ
心ときめかせ逢いに行ったのか。
その理由は・・・

2016011828.jpg

香りの素晴らしさで世界的に高い評価を受けながら、
その生産量の少なさより入手の難しい希少なラベンダーオイルとして
知られているタスマニア島産のラベンダーオイル。

タスマニアのラベンダーの香りはヨーロッパ産ラベンダーと比較して
香りの初端に感じられるツンとしたシャープな部分が強くはなく、
とてもマイルドなのが特徴です。
そのため、その背後にあるフローラルな香りが引き出されています。
その理由は、タスマニアには害虫がおらず、
ラベンダー自身が自らの命を守るべく
昆虫忌避効果のある成分カンファーを含む必要がないからだそうです。
香りに刺激が少ない分、穏やかに嗅覚に働きかけてくれる香りは、
優しく心に届きリラクゼーションの面でも理想的な香りだと思います。

ラベンダーはペパーミントと同じように交雑種ができやすいため、
この土地で特有な種を選んで純正種を栽培し続け、
香り高いものに育て上げたということです。

2016011824.jpg

タスマニアのラベンダーの開花期は12月~1月にかけて。
丁度、私達が訪問した時には、収穫のピークで、
研究に研究を重ねて農家の方が丹精込めて育てられた
ラベンダーが刈り入れられていました。

201601212.jpg

何事においても生産者さんの想いを感じるものは、
より愛おしく思うもの・・・

2016011848.jpg

今回、こちらの農園で生産された高品質な精油は、
一般の方には手に渡らない入手困難なものなのですが、
日本からお願いしており、特別に私も分けて頂くことが出来ました。
蒸留工場にて頂戴する際、ボックスには名前を入れて
丁寧にラッピングして下さり、
そんな温かなお心遣いからも、精油への愛を感じます・・・

2016011834.jpg

2016011833.jpg

タスマニアでは、2社ラベンダー農園を視察させて頂いたのですが、
こちらの農園では、蒸留後の残渣を、有用資源にするべく
紙を作るのに利用されていました。
ペパーミント農園では、残渣を堆肥に利用されていましたが、
大自然を余すところなく循環させられ、
この美しい島が守られているのですね。

2016011832.jpg

201601242.jpg

2016011836.jpg

ラベンダーファームで感じたアロマのシャワー・・・

また宜しければ皆様にも感じて頂きますね。
私が摘んできたラベンダーのお花も、今なお爽やかな香りを
届けてくれています。
ラベンダー精油も、ワインと同じく時を経る毎に
熟成が進み、香りに深みが増すそうです。

一期一会の香りとの出逢いに、感謝。

| タスマニア | ▲ top
| メイン |